八千代市のんびり サイクリング、ランニング゙、健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回浦安シティマラソンとマラソンクラブ発足10周年記念パーティ(追記)

<<   作成日時 : 2010/02/17 12:47   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

22年2月7日に開催された第19回「浦安シティマラソン」では、地元の大会として仲間達が常日頃他の大会でお世話になっている事や沿道で声援されている市民の方々への感謝の気持ちを込めて,仮装ランナーやペースランナーで参加をしました。「浦安ハーフを走る会」の伝統行事です!そのスナップを掲載します! 7000名参加した大会で、ハーフの部 優勝者 加藤君(浦安ハーフを走る会:所属)も優勝商品のディズニーキャラクターを手に晴れ晴れとした笑顔です! 各準備チームの皆さん、ご苦労様でした。緊急時にランナーを補助するボランティアランナーとして多くの仲間が登録をしレースに出ました。 また大会のコース役員としても毎年協力をしコース誘導や交通整理などを行っています。

記念パーティでは設立時からの写真をプロジェクターで映し、「あれは、合宿だ!」  「これな講習会だ!」 と楽しい出来事を思い出しながらナイフを動かしていました。 当然グラスもそれ相応に活躍しました!

パーティ終了後には、ロビーで金哲彦氏を囲んでグループ毎に記念写真を撮って皆さん大満足!
金さん・斉藤コーチ 多忙の中出席有難うございました!

参考までに,設立時からのクラブモットーは・・・・
・「完走こそ金メダル」
・「完走を持続する心が金メダル」
・「完走への意欲の心が金メダル」
・「完走を一緒に祝う心が金メダル」
・「沿道の応援者への感謝の心が金メダル」
*最後の仲間までゴールで迎えてあげるのが本当の仲間です。
i
(以前加入していた浦安市の某Rクラブ時代、先にゴールした仲間はほとんどが中盤以降の仲間をゴールで迎えないしそんなタイムが遅い連中と一緒には参加したくない!と言うおごった考えのランナーが多く、あtまたまある大会で体調不良の為通常よりフルで1時間以上も遅れた仲間を誰も気にしないで先に帰る仲間がいたり、フラフラでゴールした時は気にする仲間は無く「これが同じクラブ仲間なのか???」と自己中心の仲間に疑いを持った経験がありました。)

会員の皆さんは「金メダル」をもう立派に手にしていますね!
これらの心は大塚会長の言う「絆」につながるものと思います。

「浦安ハーフを走る会」ではクラブ顧問の金哲彦氏理論の補強運動を取り入れて、毎年指導を受ける講習会を開催し、毎週の定例練習会でも実践しています!
基礎をしっかり理解して継続する事が故障の少ない、後半疲れないランナーを生む基です!

浦安市のランニングクラブ「浦安ハーフを走る会」 元代表 大森隆 
 佐倉市の「ニッポンランナーズ」の会員でもあり佐倉市の練習会には参加をしています。

金哲彦氏著 「走る意味」 http://yachiyosi77.at.webry.info/201003/article_4.html
ランニングクラブ「浦安ハーフを走る会」ホームページ
http://urayasuhalf.com/introduction.html
佐倉市「ニッポンランナーズ」ホームページ
  http://www.nipponrunners.or.jp/

     クラブ顧問:金哲彦氏と大塚会長と元代表 大森隆 すまして!パチリ!(2010年2月)
画像


        第19回浦安シティマラソン大会に参加した「浦安ハーフを走る会」と「ニッポンランナーズ」の仲間達
画像

        仮装ランナーでゴール! 沿道からの声援がすごい!
画像

        ハーフの部 優勝した加藤選手(「浦安ハーフを走る会」所属) おめでとう!
画像

   会場の浦安市体育館ロービーに展示した浦安シティマラソン歴代大会Tシャツ展示(2010年)
画像

        「浦安ハーフを走る会」10周年記念パーティ会場(浦安ブライトンホテルにて、2010年2月)
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
佐倉のニッポンランナーズの練習会に参加
久し振りに佐倉市のニッポンランナーズ(金 哲彦氏 理事長)の土曜練習会に参加をして来ました。 当日は早朝練習会が朝5時から始まっていて、30数人の会員が参加をしていたそうです。 私達は9時半からの通常の練習会で、猛暑の為か60人位の参加者で、メニューは岩名陸上競技場周辺にある1.5Kmのクロカンコースを@10周(5分置きスタート)A5周(10分置きスタートB基礎練習とジョギングの暑さを考慮したメニューでした。 夫々にコーチがついて木々の多いアップダウがあるコースを走って練習を行いました。... ...続きを見る
八千代市のんびり パソコン、ランニンク...
2010/08/27 07:16
ギリシャ・マラトンからアテネへ走って・・(マラソン発祥地への旅)
「財政危機に陥っているギリシャに金融支援!」の新聞記事で思い出しました!・・・・ 定年直前で有給休暇が余っていたので急遽一人でマラソンの発祥の地に行こう!と成田出発!フランクフルト経由でアテネには早朝2時に到着。 6時まで時間をつぶし公営バスでホテルへ向かいました。車中は労働者で一杯で何とかホテル付近で降り無事にホテル着、荷物を預けて市内観光に早速出発!翌朝アテネマラソンのゴールとなるパナティナイコ・スタジアムに行き、階段の上の周辺を走っていた地元のランニングクラブの方々と一緒に30分ほ... ...続きを見る
八千代市のんびり パソコン、ランニンク...
2010/08/29 19:50
金 哲彦氏 朝日新聞「おやじのせなか」
私のマラソンの師匠である金 哲彦氏のインタビュー記事が2011年2月13日朝刊の「おやじのせなか」に掲載されていました。著書「走る意味」でも述べていますが本人の努力もあり、お父さんの信頼した後押しがあって現在の活躍につながっていると思います。がんの再発・転移も無いという事で、これからもますます輝きを増して活躍をして欲しいと願っています。  「浦安ハーフを走る会」代表 大森隆 ...続きを見る
八千代市のんびり パソコン、ランニンク...
2011/02/13 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回浦安シティマラソンとマラソンクラブ発足10周年記念パーティ(追記) 八千代市のんびり サイクリング、ランニング゙、健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる