金 哲彦氏 「ランニング談義」NHK総合TVで拝見!

浦安のランニングクラブ顧問の金 哲彦氏(.早大OB,ニッポンランナーズ理事長)がNHK総合TVに11月26日午後出演し、ランニング談義とランニング人生について色々話をしておりました。 金 哲彦さんの理論と指導を受けてから既に8年近くなりますが、いつも笑顔で判りやすい口調で語りかける姿には好感を感じています。

著書「走る意味」(講談社刊)で述べている通り、少年時代は走るのが遊びだった事と当時ランニングでは福岡県内で実績が有ったお兄さんの影響が大きかったそうです。また高校時代は無名?だったので中央大学の推薦入学は出来ず、実力で早稲田大学に入学した努力の人です。高校時代無名といっても県内ではトップクラスのランナーで有った事は間違い有りませんね? 高校のインターハイ等には出場できなかったようですが、トップとは紙一重の実力を持っていた事は、早大入学後の努力と隠し持っていた才能で4年間箱根駅伝に出場したたことが証明していますね?
・・・・2006年のガンを克服した金 哲彦氏の人生が赤裸々に書かれていますので、興味ある型は「走る意味」をご覧下さい。

最近、再度「走る意味」を読み始めて、金さんのいつも前向きな姿勢に感銘を受けています! 直接数十回指導を受けた私としてはガンを乗り越えて益々活躍の場を広げている金さんに声援を送り続けています!

今日も佐倉の「ニッポンランナーズ」の練習会に参加しますが、今回は次男夫妻に同行しての参加で、次男夫婦は2月開催の東京マラソンに申し込んだら、嫁さんだけが抽選に当たり東京マラソン・フル出場の機会を得て「走った事がないの?どうしよう?」と私に電話があったので、ランニングの基本を先ず佐倉で教えてもらおうと!今日同行する事になりました。今年、東京マラソンは10倍の競争率で最近は走友仲間も中々当らないと嘆いています。

健康面からもジョギングやランニングは良い事ですし、楽しんで走れる生活が理想ですね? 中には記録だけを狙ってランニング生活を送っている方を目にしますが、皆とは言いませんが視野が狭く余り付き合いたいとは思わない自己中心の方が見られますね? 市民ランナーはそれらしく謙虚な姿勢で広い視野で人生を楽しむランニングを行う方が幸せが近づいて来るのではないかと思います!

「浦安ハーフを走る会」 代表:大森隆

「走る意味」 http://yachiyosi77.at.webry.info/201003/article_4.html
ランニングクラブ「浦安ハーフを走る会」ホームページ
http://urayasuhalf.cool.ne.jp/index.htm
佐倉市「ニッポンランナーズ」  http://www.nipponrunners.or.jp/
「ニッポンランナーズ」 10周年記念パーティ (234年3月31日)
http://yachiyosi77.at.webry.info/201204/article_1.html
浦安のクラブ発足10周年記念パーティで 大森隆、金哲彦氏、田中氏、大塚氏
画像

金哲彦氏著書「走る意味」(2010年 講談社刊)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック