日本健康保険の中国人悪用に対し早急に対策を!(日本国・八千代市)

中国人の日本の健康保険を支払っていない不公平な悪用で、来日直後(3ケ月後)にがん治療約200万円を8万円の自己負担で済んだ事例があったそうです。 数件ではなく、国立の某国際センターで疑わしい件数をリストアップしたら年約1500件あったそうです。病院数から想定すると全国で数千件いや数万件あるのでは?

現在は、外国人は留学や研修・扶養で入国する場合、今までは1年後に健康保険証の申請できるのがH12年から3ケ月後と楽になった。


放映事例は、中国人(母親のみ)は日本人と結婚した娘の扶養家族として入国した。当然夫の健康保険組合の保険証が3ケ月後に申請取得して、直ちに母親が入院し「がん治療手術を受けた」。 中国では高額でがん手術は受けけられない実態があった。実際治療費用は約200万円だったが保険で8万円の自己負担で済んだ例が放映された。本人へのインタビュうーでは、母親は「日本健康保険は安く治療が出来て素晴らしい!」と病気治療目的での入国を平気で話していた。 入国管理法では「病気治療目的は自己負担」しか認められないが、申告で他の事由が書いていれば拒否は出来ないとの見解。 父親は中国に住んだままで母親のみが扶養になっていた。結構な中国での年金生活を送っているらしい。


色々調べたら、中国のインターネットで「日本の健康保険を使って安く治療を受ける方法」のWEBが沢山表示されていたようだ。 この例から日本各地で多くの悪用がされている可能性が高い。 八千代市も例外ではないだろう!

他の事例では、中国人が留学目的で入国し国民健康保険証を申請し取得後の翌日に「重い腎臓治療手術を受けた」例が放映されていた。 手術直後に出国すれば健康保険料は払わないで済んでいたのだろう。 当然留学の授業料は払わないでまず入国したかもしれない。


我々国民は年金生活でも高い健康保険料を支払っており、真面目に支払っている国民のお金を外国人の悪用しているケースは公平性から許せない。 
中国人の発想からは、穴・隙間がある法律を作っている日本が悪く、何が悪いのか?と開き直るのだろう!

この悪用は一医師からの内部告発があって判明したそうです。

厚生省もやっと検討を始めるとの動きのようだが、長期の法律を改正を行うと同時に直ちにできる条例や規定などでまず早急な対策をするべきだろう! 

<具体的に市民が知るには情報公開を!>
外国人健康保険証悪用、取得1年以内で治療費150万円越えの件数は?(八千代市)
https://yachiyosi77.at.webry.info/201807/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック