テーマ:老後破綻

住宅ローンで老後破綻 事例

あさイチで「今が大事!老後破産を防ぐには?」という特集をしていました。 50歳のとき、3,700万円のローンを組んで念願だったマンションを購入。 月々のローン返済額は、12万円。30年のローンで完済は80歳の予定でしたが、「以前、賃貸に住んでいたときの家賃は10万円だったので、そのくらいだったら支払っていけると思っていた」と、考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後破算の兆候-八千代緑が丘駅近のマンション 生活きつい!

老後破算に興味を持っており、八千代市に住む友人から彼の知人の話を聞いた話をレポートします。 八千代緑が丘駅近の温泉が出るマンションに住むというこの知人は70歳前後で年金生活に入ってからなかなか生活が苦しい環境にあるようだ。60歳定年後なかなか再就職先がなくて八千代市のシルバー人材センターに登録してやっと月数万円の仕事を行っているようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃:藤田孝典著(朝日新書)』は参考になる

『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃:藤田孝典著(朝日新書)』には下流老人の現状を述べている。 2015年6月に新幹線で焼身自殺した男(71歳)は、一人暮らしで、「年金が少ない」と愚痴をこぼしていたという。生活の苦しさに不満が募り、理不尽な行動に出たようである。この男こそ、典型的な「下流老人」であり、そのような貧しい老人は私たちの周り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「老後破産」にならない為に

書店でも老後破産に関する書物が多く見られます。 「老後破産」とは、高齢者が生活保護基準より低い収入で生活している状態を指し、現在、高齢者世帯の約4割が老後破産状態にあります。一人暮らしの世帯の半数は低収入で、そのうち3分の1は生活保護を受けており、残り3分の2の高齢者が老後破産の状態にあるようです。  これらの人々は定年退職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の住宅ローン破綻が急増

高齢者の収入源は年金だけで、収入は変わらない中、消費税増税による生活費の圧迫や、年金収入しかないにも関わらず、ボーナス払いがあるなど、バブル時の住宅ローン契約条件が大きく負担になっているケースが多く見受けられ、中には破たんするしか選択肢がない方なども少なくなく、高齢者の住宅ローン問題が深刻化してきている。 1989年辺りより住宅ローン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKスペシャル」放映の老人漂流社会~老後破産の現実~

NHK総合テレビの「NHKスペシャル」で老人漂流社会~老後破産の現実~が放送されました。今、ひとり暮らしの高齢者が600万人にせまる勢いで急増しています。(平成27年3月記) その多くが自分の年金収入だけを頼りに暮らしています。年金収入が年間120万円未満の人は単身高齢者のうち46%にのぼります。 そのうち生活保護を受けているのは約…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

老後破綻事例Ⅰ

老後(高齢者)破綻に追い込まれた人は病気やリストラといった不本意な状況に追い込まれたために支払が滞ったというケースが多いですが、中には見通しの甘さに起因していると言わざるを得ない場合もあるようです。 テレビ朝日系列のスーパーJチャンネルで老後破綻について特集が組まれていましたのでそこで紹介された事例をまとめました。 <家族構成> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後破綻が増えている(八千代市高齢者)

高齢者(シルバー)がどんどん増えて特に住宅ローンによる老後破綻が増えている情報がTVで放映されていました。 計画通り収入があっても予測外の収入減や支出増が発生すれば年金生活になって老後破綻になりやすいです。 TVでは子供と一緒に住む計画で高めの住宅を購入して30年ローンを組んだ結果、子供が独立して別居し、住宅ローンを親が支払わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more