テーマ:中国

2010年施行した中国「国防動員法」は日本でも怖い!

日本人にはなかなか知られていないが、中国が2010年施行した「国防動員法」の危険性が指摘されている。 中国の有事の際、民間人も徴用して動員する法律で、日本に住む中国人までが「民兵」となる恐れがあるうえ、中国で活動する日本企業や日本人が資産や技術の提供を強要されかねない。 2010年7月に施行された同法は、有事(=国家非常事態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に危険な法律が出来ている!!『国家情報法』

隣国の中国の動きを眺めていましたが・・・・ 2017年6月28日に中国で施行された新法の内容に、日米の安全保障関係者は驚き言葉を失ったそうです。 新法の名は『国家情報法』。なんだこの法律は? 効率的な国家情報体制の整備を目的に掲げ『いかなる組織及び個人も、国の情報活動に協力する義務を有する』(第7条)と明記されている。(中略)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、大気汚染の罰則強化へ…15年ぶり法改正

北京での世界陸上も賑わっています。 20年前と5年前に北京に行った際、特に5年前には空がかすんで見えなかった記憶があります。 今回の世界陸上大会はTVで見る限りは少しはましな空です。規制がかかったのでしょう? やっと中国も大気汚染のまともな取り組みの一歩を踏み出したのだろうか? 読売新聞で記事を見つけました。 ====…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はどうなる? 株下落

世界同時株安の状況になったようだ! 日経平均株価(225種)は3月12日以来、約5か月半ぶりに1万9000円を割り込んだ。ニューヨーク市場では、ダウ平均株価(30種)が一時、前週末より1000ドル以上急落するなど、欧米やアジアの主要市場でも株価は大幅に下落し、世界同時株安に歯止めがかからない状態だ。 上海市場はこの日、取引開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界同時株安の状況?

日経平均も-2.98%暴落、上海株も暴落、ニューヨークも2.06%暴落、韓国も・・・世界同時株安の兆候でしょうか? 私は株はやっていないので、株自体には興味は持っていないが大国になった中国の動向が気になります。 国内経済の不振さが増して、国民の眼を海外に向けさせる手法は嫌と言うほど独裁政権からは見せられてきています。何度も上下動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国株式市場、7月8日に500社以上(上場企業の3割を占める)が売買停止 異常事態

中国株式市場の上海証券取引所と深セン証券取引所に上場している500社以上の企業が、2015年7月8日の売買を停止したそうです。 理由は株価の急落に歯止めがかからないためで、これまでに売買を停止している企業とあわせると約1000社、上場企業の約3割を占める大変な事態になっている。 7日付のBloombergは、「取引停止で中国株式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の政府幹部はお金持ち! 子弟が海外留学

新聞などで中国政府の幹部の子弟が海外留学の情報をよく見ますが、もともと共産党の思想は富の平等では無いのでしょうか? こんな記事を見ると,どうなっているのか?ますます疑問が生じます。 「習近平主席ら中国最高幹部の子弟 米留学から続々帰国の理由」 NEWS ポストセブン 4月3日(水)配信  中国では習近平指導部が発足後、習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の大気汚染

北京の大気汚染状態がまた放映をされています。数年前に北京に行った時も北京の空は晴れているのにくすんでよどんでいました。新しい自動車も多く走っていましたが、トラック関係は古い自動車が多く真っ黒な排ガスを排出して走っていました。 今回の大気汚染も国営新聞には報じられていたようですが、共産党の批判ではなくて党の環境改善への姿勢を示す意味で掲載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more