テーマ:海外マラソン

ボストンマラソン爆破事件 映画化『パトリオット・デイ』出場を思いだして

2013年4月15日、世界を震撼させた第117回ボストンマラソン爆弾テロ事件。その犯人逮捕までの102時間の真実を描いた映画『パトリオット・デイ』が6月9日(金)に全国公開となとなり見に行きました。 ゴール付近のコプリー広場で2度爆発が発生、その際に3人が死亡、282人が負傷した事件です。 犯人の割り出しと追いつめるシーンが映し出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしいエジンバラの街

衛星放送でエジンバラ城の歴史やバグパイプ演奏が放映されています。 2005年6月のエジンバラマラソンに参加するために浦安市とウィーンの走友と三人で訪れました。 夏の開催されるTattooと言うお城の広場での演奏祭りがある事を知りました。伝統のある祭りで映像にはそれぞれの市民の誇りが感じられました。 時期が違っていたので残念なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイガーまた見たい!

今衛星放送でスイス・アイガーの放映を見ています。懐かしい。 海外マラソンに行っている時に3回観光に行きました。 初めてのフルマラソン挑戦時だったので1回目は思い出に残っています。 雄大な山並みを見ていると気持ちが落ち着きました。 トレッキングはしていないけれど、山道を歩いてみたいと思いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッテルダムマラソンの思い出

2004年3月オランダ・ロッテルダムマラソンの写真を見つけました。 参加者は2万2000人以上というオランダでも最大級のマラソン大会です。 オランダロッテルダムの風光明媚な港湾都市ロッテルダムの風景を堪能しながら走れることが一番の魅力です。 ベルリンマラソンと並び、高速コースとしても知られているので、自分の力を試したいランナーに大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローザンヌマラソンの折り返しの街 チャップリンのお屋敷が・・・

スイス・ローザンヌマラソンには3回参加した私の初フルの思い出の大会です。 ローザンヌからスタートをしレマン湖沿いにコースがあり、折り返しの街が避暑地ヴヴェイ(Vevey)の街です。 「黄金狂時代」「街の灯」「モダン・タイムス」、 「独裁者」「ライムライト」など数多くの名画を制作し 喜劇王と呼ばれたチャールズ・チャップリンが晩年過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ・アテネには野良犬が多いね!

サイクリングであちこち行っていると犬を連れた愛犬家の姿を多く見ます。ほとんどが首輪をつけて散歩し、日本では糞は飼い主が掃除をしマナーも良いですね! そんな様子を見て思い出しました! 過去にギリシャを旅行した際にアテネの街中や史跡・駅ホームで見たのは多くの野良犬たちでした。 大都会であるにも拘わらず首都アテネの街ではあちこちに野良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザルツブルグ 水の宮殿で有名なヘルブルン宮殿

浦安市のマラソン仲間とウィーンマラソン参加時に2度、仕事で1度ザルツブルグを訪れています。 音楽の都としても有名で綺麗な街並みです。 レンタル自転車を借りてザルツブルグから郊外の水の宮殿・ヘルブルン宮殿へサイクリングをしました。 平坦な道でスイスの山並みを眺めながらのサイクリングは楽しかった! <大司教が建てた面白さ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンマラソンの帰路に寄ったマインツのビヤホール

2007年ベルリンハーフマラソンに浦安市の仲間と参加した際、帰路のMaintsで夕食に寄ったビヤホールがTVで映っており懐かしくて紹介します。 夕食をマインツのビアホール“Eisgrub”でとりました。ここはビール醸造所でもあるので、自家製のビールがとにかく美味しい ここの名物(?)、3リットル(15ユーロ)のビールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ「キューケンホフ公園」のチュ-リップ

世界最大のフラワーパーク「キューケンホフ公園」には仕事で1度、アムステルダムマラソン、ロッテルダムマラソンと3度訪れていますが、なかなか4月のチューリップ満開の時期に訪れることはありませんでした。 2014年のチューリップなどの咲き具合は?  2014年開園65周年を迎える、オランダのキューケンホフ公園。8週間限定の「春の庭園」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーンの森の「菩提樹」の作曲の地の思い出

TVでシューベルトの「菩提樹」が歌われていました。 ウィーンマラソンに参加した1994年4月に観光で寄った街を思い出しました。 ウィーン郊外、ヒンターブリュール Hinterbruehl に、ロマン派の大作曲家フランツ・シューベルトが「菩提樹」の作曲の構想を練った、と言うのかわいいレストラン・ヘルドリッヒスミューレがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストンマラソンの参加資格とエントリー法が変わった? 出場枠が36000人に増えた!

1996年の第100回記念ボストンマラソンに参加した思い出の大会です。 第100回ボストンマラソン参加記 http://yachiyosi77.at.webry.info/201004/article_2.html 参加資格が厳しいことで有名で、また世界中からの参加希望者が多いのでも有名です。 第118回ボストンマラソン201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100歳のランナー、フルマラソン完走! ギネス記録 2011年トロントマラソン

2005年6月、スコットランド・エジンバラマラソンに参加した時に地元の新聞に94歳のインド系イギリス人がフルマラソン完走!の記事があったのを覚えています。 そして・・・2011年 英国に住む100歳のインド系男性が20011年10月16日、カナダのトロント・マラソン大会に出場し、8時間かけて42.195キロを完走、最年長のフルマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン、補給水(硬水と軟水)で腹痛?

私のフルマラソンのデビューはスイス・ローザンヌ大会でした。ローザンヌM第一回の大会でもあり予備知識がなかった大会でした。 スタート前にミネラルウォーターを持って走る準備をしていたら、ベテランの友人が「水は給水所にあるからいらないよ!」とのアドバイスがあり持参をしませんでした。 スタート後右手にレマン湖、前方遠方にアルプスんの山並みを眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソンレース途中で酒場に寄った話(スイス・ローザンヌ・マラソン)

今まで様々なマラソン大会に参加をしてきて、その思い出話をした際にレース途中で酒場に入った経験を話したら・・・そんなバカな!! との笑い話となりました。 友人の初フルマラソンデビューを私と同じスイス・ローザンヌマラソンで行おうと友人達と1999年10月にローザンヌへ3度目の参加をしました。 スタート地点はローザンヌ市内のPlace…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マラソンと感動した音楽(ウィーンマラソン・ウィーン少年合唱団他)

以前にも書きましたが、音楽はランニングでも元気を与えてくれるエネルギーです。人生でも勇気を貰って道を開いてきたエネルギーになった方は多いと思います。 マラソン大会は通常日曜日に開催されます。ウィーンマラソンに2度参加した時は「ウィーン少年合唱団」の歌声を教会で聴きたいと思っていましたが・・・日曜日以外は王宮の側の教会では行っていなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソンと元気を貰える音楽演奏応援(海外マラソンでの経験)

マラソンの練習をしているとランナーがイヤホンを耳に掛けて走っている方を多く見ます。 モチベーションを高めたり、元気を貰う為に音楽を聴き試合や大会に参加するアスリートの姿をTVでも良く見ますね。 私も練習時には聴きながら1-2時間の練習を消化する場合が多くなっています。マラソン大会に参加して30K過ぎると脚が重くなったり、身体に力が入ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

久し振りのマラソン大会に向けて練習中

2年半ぶりの大会参加に向けて少しずつ練習を開始しました。 先週は江戸川区葛西臨海公園を浦安の走友と11K走って久し振りに10Kを超える距離を走破! 良い汗を流し良い気分でした。その後は湯処によってリラックスタイムを取って疲れを取りました。 今までフルマラソンを10数年で50数回完走していたのに2年半のブランクは思った以上に大きいですね?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴール後はビール飲み放題! ベルリンハーフマラソン

ブランデンブルグ門に向かう広い通りには、ランナー達の拍手と歓声が響き渡り10時45分・号砲と共に静かにランナーは動き出しました! 晴天の2007年4月1日、70ケ国2万2000人が参加した「第27回ベルリンハーフマラソン」にウィーンから駆けつけてきた仲間も加わって「浦安ハーフを走る会」の走友と6人で元気に参加して来ました。 日本出発前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 スコットランド エジンバラマラソン参加記(2005年)

夜というのに空は明るく、スコットランドに来た!と実感しました。エジンバラは北緯55度と北海道よりも更に北にあり、一日の寒暖差が激しい街でした。 浦安の友人と成田ーロンドン経由・国内線に乗り換えて夜9時頃に一階がスポーツバーの市内のホテルにタクシーで到着。 エジンバラは先史時代には砦だったと言われています。巨大な岩上にそびえ立ち11世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光の都市:歴史ある街オーストリア・ウィーンマラソン参加記

初フルマラソンに参加してから1年目の1994年4月「第11回ウィーンマラソン」に参加をしました。ウィーンというと”ウィーン少年合唱団”位しか思い出せなかった街でしたが、行ってみると歴史のある落ち着いた街で芸術の都としての像や建造物が多くありました。 レースは6000人の参加者で、制限時間は5時間。 ウィーン市内の観光どころを巡って新市庁…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界最速コース、オランダ・ロッテルダムマラソン参加記(2004年4月)

2004年4月にクラブ仲間と世界最速コース オランダ・ロッテルダムマラソンに参加! 会員でオーストリア・ウィーン在住のT選手・USAロスアンジェルス在住のW選手と日本・浦安からのクラブ仲間が”パリ”で落ち合ってロッテルダムマラソンに参加すると言う国際的な計画です! いよいよ2004年3月30日成田からパリに向け出発です。 航空券…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回北京国際市民マラソン参加記(1998年) 

いよいよ、5月上海で万博が始まり中国の新たな歴史が刻まれたようです! 中国で思い出すのは・・・・ 1998年10月10日 第一回北京国際市民マラソンに北京駐在の同僚と参加をしました。 ツアー仲間は先に北京に到着しており、仕事の関係で一日ずれて一人旅で旧北京空港に降りたちました。 翌年新北京空港が改修一部オープンとの事で、古くて暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ・マラトンからアテネへ走って・・(マラソン発祥地への旅)

「財政危機に陥っているギリシャに金融支援!」の新聞記事で思い出しました!・・・・ NEC定年直前で有給休暇が余っていたので急遽一人でマラソンの発祥の地に行こう!と成田出発!フランクフルト経由でアテネには早朝2時に到着。 空港で6時まで時間をつぶし公営バスでホテルへ向かいました。車中は労働者で一杯で何とかホテル付近で降り無事にホテル着、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

思い出の第100回ボストンマラソン参加(1996年)  大森隆記

公式大会で一番歴史のあるボストンマラソン。1996年4月に「第100回記念ボストンマラソン大会」が開催との情報で、1年半前から仲間達と申し込み・準備をしました。    半年前には、参加の仲間と御殿場で合宿に参加して専門家の指導を受けて整え、有名な”心臓破りの丘”対策では月に2回山登りの練習を行い備えました。   100回記念という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

780m下るツーソンマラソン(アリゾナ州)完走記 大森隆

フルマラソンでスタート地点からゴール地点まで780m下り一方の海外フルマラソン参加記です。 2004年12月4日朝、前夜ロスから乗った夜行列車。「もうすぐ、Flagstaff駅だよ!」と車掌から起こされて、窓から外を見ると山林は白く雪に包まれていた。 そこからレンタカーを借りて「ツーソン Tuson」に向かう下車駅。標高2100mにあ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア ウィーンカフェの苦境

オーストリア・ウィーンには走友がおり,今まで2回訪れてウィーンマラソンに参加をしています。 それで表題の文字に眼が行ったのでしょう! ウィーンは観光都市で朝早くからゴミ収集や路上清掃を行っていて、裸足で路上を走っても良いような綺麗な街です。 300年を超える歴史あるウィーンカフェが昨年11月に施工の「たばこ法」で苦境に立っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田敬蔵さんが八千代市民でしたか!

昨年12月の八千代ニューリバーロードレースの記事を見て、招待選手:ボストンマラソン優勝者の山田敬蔵さん(82歳)が八千代市に住んでいる事が判り(勘違いが後に判明)びっくり! 山田さんとは1993年の第一回ローザンヌマラソンで一緒になってからボストン等で話す事があり、また娘さんが浦安に住んでいた事、私の両親が秋田県の出身で秋田県大館市出身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のフルマラソン初挑戦! スイス・ローザンヌマラソン(その2)

コースはレマン湖沿いに走り、遠くにスイスアルプスを眺めながらのRunです! 1993年6月に初フルで出場したスイス・ローザンヌは温暖なレマン湖沿いの高級リゾート地です。対岸には名水で有名なフランスのエビアンがあります。 コースは行きは左にブドウ畑、右にレマン湖、真向かいにスイスアルプス・・を見ながらの折り返しで、途中数カ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

私のフルマラソン 初挑戦!(スイス・ローザンヌマラソンその1)大森隆記

東京マラソンがあと1ケ月にせまって、練習ランナーの姿が良く 見られるようになりました。 フルマラソンデビューの方々は 希望と不安で落ち着かない日々を過ごしている事でしょう! 1993年6月、走り始めてから1年後にフルマラソンデビューを計画 して練習をし、1年後に一生の思い出にと第一回スイス・ ローザンヌ・マラソンに出場しま…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more