テーマ:がん治療

「乳製品をやめたら がんが治った!」

今週発売の週刊文春にこのような記事が掲載されました。「乳製品をやめたら がんが治った!」 静岡県沼津市の増田貢一先生はこう述べています。参考になります。 乳製品に含まれる「IGF-1」という物資が乳がんの原因であることを突き止め乳製品の摂取を断ち切ることによって、再発と転移を繰り返す乳がんを克服したのだ。 このIGF-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんは免疫力を高めれば治癒可能かも?

病気予防やがん治癒のためにはを免疫力を高めるのがポイントと良く言われています。 経験者と話したら、その方は自分でいろいろ調べた結果、ガンには免疫力を高めることがとても重要だと改めてわかったそうです。 どんなことが免疫力アップにつながるのか、教えてもらいました。 【免疫力をアップするのに必要なこと】 ・腸をきれいにする(免疫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん放射線治療の最新装置稼働 (千葉市立海浜病院)

2014年4月3日 朝日新聞に紹介されていました。 千葉市立海浜病院(美浜区)に最新の放射線治療装置「リニアック」を備えた施設が完成し、4月から稼働が始まった。青葉病院(中央区)との役割分担を明確にする市立病院改革プランにより、がん診療の拠点を目指す。  装置は米国製で約6億円。がんの病巣にピンポイントで放射線を照射できる最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサイル技術も登場 最新のがん放射線治療

がんの治療法には、外科手術・化学療法・放射線療法の3つがあります。 その中でもがんの治療方法は年々進化しています。たとえば、放射線治療では、以前より患者さんへの負担を抑えてがん細胞を死滅できる放射線が用いられるようになっています。 一般的な放射線療法には、X線が用いられますが、新しく陽子線や重粒子線、中性子線などによる治療が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体を温める生活で免疫力が増す! がん克服!

低体温(25度台)の際に最も活発化するガン細胞には、身体を「温める」ことが非常に大切であり、体を温める生活を行うことが大切です。 その一つの方法として、体を動かして筋肉を使うことは重要です。人の体の中で筋肉からの発熱が一番多く、安静時でも全発熱の20%、運動時には内容や人により差がありますが70~80%の発熱量になります。それだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん,先端医療

最近は色々ながんの先端医療の事例が出てきています。 肺がん、前立腺がん治療のために「東京大学付属病院 放射線科中川准教授」が行う「画像誘導強度変調原体照射」治療があります。 この治療法は「肺などの動く臓器には苦手な放射線治療」を効果を出すために、臓器の動きを確認しながら照射できるという治療法です。「CTでがん患部を360枚撮影して,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん治療の集学的治療(京都府立医大のケース)

がんの治療では標準治療(外科療法・化学療法・放射線治療)が主となっています。京都府立医大では複数の治療法を組み合わせて行う集学的治療法をとっているようです。 「がん 温熱・免疫療法」吉川敏一医学博士著2010年12月発刊。 出来るだけ患者のからだへの負担を減らし、機能の損傷を防いで治療後の患者の人生のQCL(生活の質)を落とさない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん治療:「分子標的治療薬」とは・・・・?

最近耳にする分子標的治療薬というのは、がん細胞だけを攻撃する薬です。早くこのような薬が一般の患者に使用できるようになれば良いですね? 期待をしています! 通常、がんの治療に使われる抗がん剤は、がん細胞を攻撃して、増殖しないようにして殺す働きがありますが、問題なのが正常な細胞までも攻撃してしまうという点です。 抗がん剤治療によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新のがん治療、温熱療法「ハイパーサーミア」というのは?

◎がん細胞は42~43度の環境で死んでしまいます・・・ ハイパーサーミアは電磁波を用いて加温を行いますが、使用する周波数によって影響が違います。 たとえばマイクロ波は、エネルギーが体の表面や浅い部分に集中して吸収されて、深部(身体に中心部)までは到達しません。また温度分布が不均一になりやすく、その適用部位は浅部に限定されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドオピニオンはすべきか? 事例

セカンドオピニオンとは、簡単に言うと主治医が下した診断や治療方法について、別の専門医師から意見や見解を聞き、より良い治療の選択に患者自身が関わろうとするものです。 日本は「情の国」であり、これまで「先生にお任せします」という患者が圧倒的だったことから、主治医を差し置いて他の医師に意見を求めるというのはタブー視されてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん共生時代 ・ 働く:欠かせぬ通院 求職の壁(読売新聞より)

がんになると就労の継続はもちろん、新たに職を求めることも難しくなる。千葉県に住む成田美樹子さん(50)は7年前に大腸がんの手術を受け、ストーマ(人工肛門)を付けた。夫とは手術後に離婚。抗がん剤や検査などに毎月約5万円の医療費がかかった。貯金もわずかになった1年後、就職活動を始めました。   発症まで続けた酪農の手伝いは重労働で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドオピニオンの重要性(がん治療)

日本の医療は治療にかかる費用のほとんどが、保険でまかなわれてきました。 他の国と比べ、個人負担の少ないことは、患者が医師や治療法をシビヤに選択することへの妨げになっていたといえるかもしれません。 しかし、納得いく説明をしてくれる医師、自分の症状に合った治療法を提案する医師、このような医師が見つかったとしても、その医師の考えが正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副作用の無い抗がん剤ってあるの?

腫瘍マーカーで異常値を示した・・・病室で抗がん剤使用の為吐き気に苦しむ患者を見て恐怖を覚えた方も多いと思います。「副作用の無い抗がん剤ってないの?」と言う希望を持ってしまいますね? 最近製薬会社では「抗体医薬」の開発が進んでいるようです。 がん細胞だけではなく正常細胞をも壊す抗がん剤が現状です。 それに対して「抗体医薬」は、人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光子線(ガンマ線、X線)と粒子線(陽子線)治療との違い

放射線治療には光子線(光の波、ガンマ線・X線)と粒子線(陽子線)があります。 従来の放射線を照射した場合、身体の表面から数cmの浅い部分で放射線量が最も大きくなり作用も大きくなります。 がんが身体の深部にある場合、表面に近い正常細胞にかなりの影響を与える一方、深部にあるがん病巣のところでは徐々に線量が少なくなって、本来の効果が十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん難民にならない為に

納得の行く治療を選べなかったり、医師の説明に不満を持った時・・・・がん患者や家族はがんについての情報を捜し求めてさまよう人が多いです。 このような方々は「がん難民」と呼ばれています。 私は未だ経験はしていませんが、医師の説明に納得できずに「副作用のある抗がん剤は使いたくないので他に方法は?」と聞いて教えてくれる主治医は何人いるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん 副作用の少ない陽子線治療・・福島孝徳とチームプロトン

がんの治療について健康なうちに勉強しようと色々な書籍や話を聞いています。今回は”神の手”で有名な福島孝徳医師とそのチームを書いた「福島孝徳とチームプロトン」の中で私が新たに知りえた内容を書いてみます。 ご存知の通り、福島医師は脳外科医で世界で活躍されている方です。日本でも難しい脳腫瘍の手術を来日して行って多くの患者を救っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画一化するがん標準治療 新「がん難民」激増 (熊本日日新聞より)

こんな記事を見つけました。熊本日日新聞の医療QQに掲載されていました。 現在の厚生行政は何をやっているのでしょうか? 政治屋さん達は本当に国民の為に仕事を行っているのでしょうか? 疑問に感じています! 「標準治療」・・・患者の為の治療なのでしょうか?   =====================================…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ過ぎでは免疫力がおちます!

食べ過ぎは、身体の冷えや、血液の汚れ、免疫力の低下等・・身体に様々な悪影響をもたらします! 食事で食べ過ぎた後には、胃腸に血液が集中してしまい、脳や筋肉に送られる血液量が減ってしまい、眠くなったり疲れた感じをする事があります。 脳に送られる血液量が減ると集中力が低下して、筋肉の場合は体内で作られる熱量が少なくなって”冷え”を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代医学の影 高い薬剤は本当に人間の幸せの為?

様々な医学関係書物を読むと、抗がん剤は出来るだけやらない方が良いとがんの治療を行ってきた医師が述べているのを目にします。西洋医学の薬剤について考えた時、それらの多くの薬剤は人によって新しく作り出された新物質であると真柄医師は指摘しています。 その新物質の化学構造式が既に存在する物質と極めてよく似ているので安全であると言う論法で次々と新物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛乳は人間の身体に本当に良いのだろうか?

牛乳は人間の健康増進に良い??という風に一般的に言われています。 牛乳は人間の食物としては疑問があるとの見解が、胃腸内視鏡では世界的な新谷弘実教授「病気にならない生き方」サンマーク出版刊、と真柄俊一医師(素間八王子クリニック院長)の書籍に書かれています。 真柄医師での内容は、*英国人、地球化学研究分野のジェーン・プラント教授のがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯船につかって免疫力を高めよう!

私は運動後にはほとんどシャワーを浴びて汗等を流します。これでは体が温まらないことになるようです。 入浴時にはゆっくりと湯船に使って身体を温めて血行を良くすると免疫力は増すのでそのような習慣をつけましょう! 湯につかっていると温熱効果により血管が拡張して血行が促進されます。この結果全身の細胞には酸素や栄養が運ばれて代謝が上がり汗も沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体を温めるだけで免疫力が増す! がん予防

がんについての勉強をまだ健康なうちにしようと書籍を読んだり知人の経験談を聞いたりしています。 以前にも書きましたが、免疫力を増しておくとウィルスや異常細胞をやっつける自然免疫細胞が活性化して病気やがんの予防・再発防止に役に立ちます。 体温が低下した時の悪影響は何があるのでしょうか? ①免疫力の低下です。免疫反応を担っている白血球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食生活とがん

米国を中心に日本や世界で活躍している胃腸内視鏡の第一人者・新谷博士が述べています。先生は理論上だけではなく実際に大腸や胃を内視鏡で眺めてその患者の食育をも追跡したデーターから分析している事に私は信頼をもっています。 がんは日本人の死因の第一位になっています。以前は脳卒中だったのが1981年にはがんが一位なっています。 先生はがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん・信頼できるインターネット情報

がんに関する情報は沢山のホームページ等に掲載されています。 信頼できる機関のWebを紹介します。 できるだけ多くの信頼できる情報を入手して患者として判断をすることも大切です。 1、国立がんセンター・がん情報サービス   http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html 2、癌研有明病院 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん患者を支え苦しむ「第二の患者」・相談機関

昨日の(23年1月25日)朝日新聞に掲載されていた記事です。 がん患者の家族がつらい気持ちを持ちながら患者の生活等を支えて生活をしてきています。患者の心のケアが不十分な日本では患者を支える家族の心のケアまでは手が回っていないのが現状です。朝から晩まで夫の世話をしている主婦の方は趣味だった集いににも参加できず、夫等に言いたい事があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん・免疫力を高めるには

がんへの免疫療法にはもっぱらがん細胞を攻撃する療法ですが、一方患者の体力や免疫力を高めてがんと戦う方法も大切です。 著者は免疫力を高めるのは正に誰にも出来るライフスタイルを確実に継続していく事と説いています。 1、定期的な運動をする。 2、十分な水分をとる。 免疫は水分がないと働かない。 3、毎日ぬる目の風呂に20-30分間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん診断とセカンドオピニオンの活用(医師の診断・提案はメモをとる)

色々書物を読んで病院との医者との付き合い方について考えさせられるjことが有りました。病院の医者は他の方法を知っていても勤務する病院の基本的な治療方針に従ってのみ治療法を提示する事を肝に銘じる必要があるとの事。(他の治療法を知っていても提案できない) 最初にどんな治療法を選ぶかで、そのあとの治療の全てを決定する事になります。 たとえ手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗がん剤は本当にがん治療で有効か?

がんについて健康なうちに知識を得ようと始めた情報収集です。 3冊目の書籍を読んでいます。手にしている書籍は代替治療の書籍ですから当たり前といえば当たり前ですが、多くの医者は「抗がん剤」を使用してしてきてみて、抗がん剤は免疫力を落としてかえって余命を縮めているということを指摘していることが述べられています。 ある医者は「抗がん剤」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん細胞は42.5度以上では生きられない!

がんについて勉強をした情報です。今まで知らなかった事が大半でした。 がん細胞は熱に弱いことは知られています。ガン組織は誕生すると生き延びる為に新生血管を作る活動を行い血管から酸素や栄養素を奪って生きていきます。その作られた血管は粗雑で血流も小さいと言われています。 この熱に対して弱い性質を利用して、マイクロ波を患部に照射してがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気には固有の振動数があり、がん治療に活用

健康なうちにがんについての知識を得たいと勉強を始めた情報です。 患者の胸部等を軽く指で叩き(打診法)、そこで聞こえる音で身体の異状を知る診断姿を良く見てきました。外国の医者がたまたま打診法で患者を診ている時に、偶然X線装置のスイッチが入り、その瞬間に打診音が鈍くなった事をきっかけにX線が身体に何らかの電磁的な影響を与えて筋肉に影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more